ED治療で処方される薬

セックスをしたくても勃起ができないならば、ED(勃起障害)になった可能性が

セックスをしたくても勃起ができないならば、ED(勃起障害)になった可能性がセックスをした後自然に萎えていく理由が、PDE5という酵素使う場面に応じて、最適な薬を選ぶ必要があります

セックスをしたくても勃起ができないならば、ED(勃起障害)になった可能性があります。
もし、本当にEDならば、放置していると症状がより重くなってしまうこともあるので、すぐにでも専門の医療機関に行ってED治療を始めるべきです。
ED治療は重症であれば手術をしたり勃起を助ける器具をペニスに取り付けたりしますが、一般的には処方された薬を飲む薬物療法が行われる事が多いです。
ED治療で処方される薬とはどのようなものかというと、PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬と言われるものがほとんどです。
この薬はPDE5という酵素の働きを阻害する薬なのですが、そのPDE5 とはなにかというと海綿体に存在する酵素の名前です。
その説明をするために、前提となる勃起がどのようにして起こるのかというメカニズムを確認してみましょう。
視覚や触覚から性的な刺激を受けると、大脳にその情報が信号として伝わります。
すると脳は興奮をして、脊髄を通じてペニスに勃起をしろと命令を出します。
すると、海綿体では一酸化窒素が放出されます。
一酸化窒素はcGMPを作り出すのです、この物質は血管の収縮をコントロールする筋肉を緩める働きを持っています。
その緩められる血管というのが陰茎深動脈で、そうすると大量の血液が海綿体に流れ込みます。
それと同時に静脈の方は収縮して、海綿体に流れ込んだ血液がでていかないように調整をします。
そうすることで、ペニスは水を吸ったスポンジのように膨らんでいき、なおかつ固くなっていきます。

ED治療ユナイテッドクリニック | 正規バイアグラ・ED薬スマホで郵送OK-関内マリンクリニック