ED治療で処方される薬

セックスをした後自然に萎えていく理由が、PDE5という酵素

セックスをしたくても勃起ができないならば、ED(勃起障害)になった可能性がセックスをした後自然に萎えていく理由が、PDE5という酵素使う場面に応じて、最適な薬を選ぶ必要があります

さて、ペニスというのは勃起し続けることはありません。
セックスをした後は、自然に萎えていきます。
そうなる理由が、PDE5という酵素です。
PDE5は勃起をする上で重要となるcGMPを分解する働きを持っており、分泌されると動脈の弛緩及び静脈の収縮は終わり、海綿体の血液はどんどんと減っていきます。
その結果として、平常時の大きさに戻ります。
このことを踏まえて、PDE5阻害薬の話に戻ってみましょう。
勃起をするということは、原因はいろいろあるでしょうが、海綿体に血液が集まらない事を意味しています。
ならば、cGMPを分解するPDE5の働きを阻害すればどうなるのかというと、勃起を邪魔するものはなくなります。
根本の原因を取り除くことはできないですが、少なくとも勃起はできるようになります。
ここで注意点として、薬を飲めば自動的に勃起すると思っている人が多いですが違います。
勃起のメカニズムからも明らかなように、血液を海綿体に流入し留める効果しかありません。
勃起をするためには、正常なときと同じように性的な刺激を受けることがきっかけと必要です。
ということで病院でEDGE治療をするときに処方される薬ですが、PDE5阻害薬であれば勃起を助けるアプローチは同じということになります。