ED治療で処方される薬

使う場面に応じて、最適な薬を選ぶ必要があります

ただし、有効成分は薬によって異なるので効き方にも違いがでます。
どんな違いがあるのかというと、体に吸収されて勃起がしやすくなるまでの時間や効果が持続する時間、食事をした後に飲んでもよいのかといったことです。
使う場面に応じて、最適な薬を選ぶ必要があります。
それに薬ですから、体質によって効果の出方も変わってきます。
製薬会社が公表しているデータ通りの効き目があるとは限りませんから、自分にあった薬を探さなければいけません。
医療機関で薬を処方してもらうのではなく、通販で購入するときには、患者自身がいろいろと試していくことになりますから非常に危険です。
経済的な負担を抑えるために、海外から通販で取り寄せることを考えているとしても、最初は医療機関を受診して必要な検査をうけ、薬を飲んだ後の経過観察をしてもらいましょう。
副作用については少ないとは言われていますが、ほてり・紅潮・頭痛などが報告されています。
ほとんどの場合は軽度の副作用なので、あまり心配する必要はありません。
でも持病を抱えている人の場合は、そんな軽い副作用では済まない可能性があるので服用は避けたほうがいいこともあります。
気をつけるべきなのは、狭心症など心臓や血管の病気を抱えている人です。
PDE5阻害薬というのは、心臓病の治療をするために血管拡張薬として開発されたものです。
心臓・血管の治療で薬を処方されている人は、さらにED治療で薬を飲むことになれば、双方の血管拡張効果があわさり限界を超えてしまいます。
血管が大きく拡張するということは血圧が著しく下がることを意味しており、脳をはじめとした臓器に血液を送れなくなります。
血液が届かず酸欠状態になった臓器は正しく機能できなくなり、場合によっては壊死してしまいます。
もし生命維持に関わる臓器でそんな事が起これば、命を落とす人も出てきます。
間違って、薬を処方されないようにED治療で医療機関を受診するときには、問診で持病や飲んでいる薬などをしっかりと伝えることが大事です。
そして、薬の情報を管理できるように、お薬手帳も持ち歩くようにしたほうが良いです。

世界140以上の国と地域で展開している、マイラン社のED治療薬。


あのバイアグラのジェネリックで、有効成分も同じなので効き目は申し分なし
病院でバイアグラ処方してもらうより、安くすむのも嬉しい限り!

↓ 試して本当によかったです!https://t.co/tZYXvqzR5E #シルデナフィル #マイラン社

— たもつ@今年こそ童貞卒業 (@tamotsusandesu) February 19, 2021

セックスをしたくても勃起ができないならば、ED(勃起障害)になった可能性がセックスをした後自然に萎えていく理由が、PDE5という酵素使う場面に応じて、最適な薬を選ぶ必要があります